2007年09月28日

フォトウエディング

入籍だけ済ませて結婚式をしないカップル増えているみたいですね。
これって、地味婚っていうんですか?結婚とは、2人でこれから送る人生の誓いですから、結婚式にこだわる必要はありませんけれどね。
華やかな結婚式だけが幸せというわけではありませんが、女性なら憧れのウエディングドレスを着て、思いっきりお姫さま気分を味わうのも悪くないですよね。
ウエディングドレスって、見ているだけでも幸せな気分になりませんか?今ではウェディングドレスの色の定番は純白ですが、その昔は様子がやや違っているようです。
160年前に王侯貴族の結婚が始まりと言われていますが、その頃のウェディングドレスは贅を尽くした豪華な色の濃いものだったようです。

ところが、イギリスのヴィクトリア女王は当時の常識を破り、白いベールに白い花のブーケ、純白のドレスで挙式をしたんです。
その結婚は、当時の王侯貴族では異例の「恋愛結婚」ということもあり人々の注目を集め、とくに女性の心をとらえました。恋愛結婚という、愛する人と結婚できる喜び、純粋で真剣な女王の気持ちが国民に伝わり、このロイヤルカップルに人々は理想の夫婦像を見いだしたのです。
それ以来シンプルな純白のドレスが定着しました。
ウェディングドレスはいつの時代も女性のあこがれであり、純粋な愛情の象徴と言ってもいいでしょうね。

神田うのさんがプロデュースするウェディングドレス、期待で来ますよね。神田うのさん自身も結婚時には4人いるデザイナーのドレスをすべて試着しなきゃって、楽しみみたいですね。
また、ウエディングドレスのデザインをして人気なのが、えびちゃん。もえちゃんなどの人気モデルたちのかわいいデザインは女の子の憧れでもあります。
ところが最近では、結婚の事情も多様化してきて、結婚=純白ウェディングドレス。というわけにはいかないようです。

その1つは出来ちゃった婚。
ベースボールプレイヤーのダルビッシュとタレントのサエコさんも出来ちゃった婚するみたいですが、マタニティ用のウェディングドレスを特別に準備しなくちゃですね。
芸能人でも、地味婚がかなり普及してきました。 古くは夏目雅子さんから山口智子さんや、最近では松嶋菜々子さんなどがありますね。この方達の場合はお金をかけるかけないの問題ではないようです。
結婚式や披露宴を挙げられないカップルには、写真館などでウエディングドレス姿の写真を記念に残す「写真だけの結婚式」が流行のようです。
ようするに、二人の愛があえば、どんな結婚式でもかまわないというのが真理なのかも知れません。
posted by 花嫁修業 at 07:36 | TrackBack(0) | 日記

花嫁エステ

結婚式の当日は誰よりも輝いていたい!
結婚式は一生に一度の晴れ舞台なんですから、あなたもそう思いますよね。
今までエステとは無縁だったあなたもブライダルエステをしてみませんか。ブライダルエステといっても特別なプログラムではなく、一般のエステティックサロンで受けるエステをベースに、ブライダル用にプランニングしたものが多いようです。
ブライダルエステはエステサロンが全力を挙げて挙式までに一気に花嫁を作ってしまうのです。エステの内容は単体メニューで受けるより安いので大変お得なメニューとなっています。

白いドレスでは、特に肌の色やその状態が目立ってきます。そこでブライダルエステではフェイシャルケアとボディーケアを中心に、肌のシミ・ソバカス・クスミなどを改善していきます。
ブライダルエステの一番の効果は、気持ちに余裕ができること。
スキンケアやスリミングはもちろんですが、心身をリラックスさせる効果が高いのです。この余裕がエステの効果を高めるのです。結婚式までの期間は、ゆっくりと至福の時間を楽しんでください。
ブライダルエステのゆったりとした時間が、あなたの美しさをさらに増すのです。では、実際エステティックサロンで行われているメニューをご紹介します。

まず、「レッグ・フットトリートメント」です。むくんでいる脚でもマッサージ、パックを受ければスッキリ。
「リムーバー/シェービング」は腕、足のむだ毛を処理します。脱毛ならワックス脱毛もあるようです。「シェービング」、これは顔、背中のウブゲを剃ります。お化粧の「のり」もよくなりますよ。
日頃からエステのサロンに通っている人は、挙式日やドレスのデザインなどを話し、どこを集中的にケアをするか相談してみるのもいいですね。
初めてエステを利用する人は、サロン選びが載っている美容雑誌などの専門誌を読みましょう。サロンを選んだら、一度フェイシャルなど簡単なコースを受けて、サロンの化粧品やトリートメント方法が自分の肌質や体質に合うかの確認を事前にすることが大切です。

よさそうなサロンがあれば、結婚式までのスケジュールから予約を取るようにします。
敏感肌の人は特に注意が必要です。挙式直前にトリートメントを受けて、化粧品が肌質に合わないと、肌が荒れて大変なことになります。カウンセリングの時にエステティシャンに、あなたの肌のコンディションをしっかりと伝えておきましょう。
結婚式直前にあせりは厳禁ですよ。「時間がない」「キレイにならないと」とあせってみても何も解決しません。大事なのは心のゆとり。ブライダルエステの予約もそのためにあります。
エステ時間もゆったりとって、心のゆとりが生まれるように計画してくださいね。

posted by 花嫁修業 at 07:34 | TrackBack(1) | 日記

婚約指輪

あなたは婚約指輪はほしいですか?、最近はもらわないという人もいるのだとか。
「高いからもったいない」「普段つけられるデザインじゃない」そんな事が理由のようです。
普通は、婚約指輪は愛のあかしといった意味を持っていて、もらった女性も「愛されている」という喜びを感じるものではないでしょうか。婚約指輪、結婚指輪の今時はどんな感じなんでしょうか。
婚約指輪が有名になるのは芸能人の記者会見ですね。左手をかざすポーズがお決まりのものとなっています。ダイヤモンドが多いですね。

お笑いタレントと結婚する女性タレントの方多いですね。あのあま〜い結婚の安達祐実さん、婚約指輪は0.4カラットのティファニーだそうですよ。
ティファニーは根強い人気がありますね。婚約指輪は高いほどいいというわけではありません。新郎が精一杯頑張って買うのがいいのです。
安達裕実ちゃんは0.4カラットでも十分に幸せそうでした。幸せに婚約指輪の大きさは関係ないです。
婚約指輪のお値段は、昔は給料の3ヶ月分とかいわれていましたが、今は30から50万ぐらいが相場です。しかし今では「婚約指輪はいらない」という人も増えています。

婚約指輪はいらない理由としていくつかありますが、「婚約したら婚約指輪を贈るもの、もらうもの」という今までの価値観が変わってきたようです。
婚約指輪がいらない人の考え方として、新婚旅行を立派にしたいという希望があるようです。所詮、高価な婚約指輪をもらっても、なかなか普段は使えないし、新婚旅行だったらとても大切な思い出になりますから。
婚約指輪はダイアモンドのソリテールリング(宝石を一粒だけ留めたもの)が主流です。ダイヤモンドの輝きを最大限に生かすには、このデザインが一番だと言われています。
しかし、日常的に身に付けるにはちょっと…という女性が多いのです。

一方、結婚指輪にこだわる方々も増えています。
定番のかまぼこ形のシンプルなタイプのリングではなく、多様なデザインが求められてきたようです。婚約指輪に使う費用を、普段付ける結婚指輪に回して高価なものを買うという考え方や、婚約指輪と重ねづけできる結婚指輪をという考え方も出てきています。
婚約指輪を買うか買わないかは個人の自由ですが、ひとりよがりはいけません。
婚約指輪はお二人の一生の記念になるものですから、ふたりで良く相談して決めることをおすすめします。

posted by 花嫁修業 at 07:32 | TrackBack(1) | 日記

花嫁修業

花嫁、とても綺麗な言葉ですね。
花嫁といえば、それになるための作法や料理を習う事を花嫁修業といいますね。昔は、女性は結婚したら相手の家のものになる、といった考えがありました。
昔は相手の家に嫁いでも失礼のないようにお茶やお花、料理など家事一般の作法を身につけるために修行し花嫁も大変だったようです。
花嫁さんはパートナーであり、家事手伝いも兼務する感じでした。相手の家や花婿に奉仕する一面もあったようです。

現在ではこの言葉を言ったら叱られてしまうかもしれませんが、やはり、花嫁修業というのは健在なのかもしれません。
最近では結婚前に料理教室に通う花嫁が増えてきました。
理由は花婿のためと言うより、料理上手にあこがれたり、友達に自慢したいみたいです。アメリカでは、主婦の心得としてインテリアのセンスも必要なのだそうです。

アメリカでは女性がルームコーディネートを行うのが基本のようです。
カーテンやソファの生地など統一されたデザインでコーディネートされます。ただ買ってきたのを配置するんじゃなくて、自分でインテリアの設計センスがないとなかなかできないですよね。食器やナイフ、フォークの選び方やそのテーブルセッティングも料理をする以上に腕の見せ所なのでしょう。

フィニッシングスクールってご存知ですか?
立ち振る舞いもふくめてレディになることを勉強する学校です。ハイソサイティのお嬢さんが行く学校なんです。
最近では日本でもレディ養成短気講座のような形でやっていることもあります。結婚に対する感覚も、日本は文字のごとく、嫁、家のものになる、といった感覚でしたが、アメリカなどでは花嫁自身が家庭の主役になるために努力をしているのです。

今は日本も花婿の親との同居は減り、同居でも2世帯住宅だったりと昔のように花嫁が窮屈な思いをすることはありませんが、やはり料理や家事が上手だと、家庭もうまく回ることが多いようです。

posted by 花嫁修業 at 07:20 | TrackBack(0) | 日記